潤う美肌を目指して

アラフォー肌を潤う美肌に向けて探求していることを書いてきます

ゼラニウムという植物は化粧品にも使われています

ゼラニウムという植物はアロマ精油でも広く知られている植物です。

香りがローズに似た香りがします。

そのゼラニウムの効果をかいてみます。

 

 

 

 

f:id:moistbeauty:20181011233942j:image

 

1.ゼラニウムという植物は

 

ゼラニウムはフクロウ科に属します。

種類は200種以上もの種類があります。

和名は「匂い天笠葵」と言われています。

 

精油としては芳香成分が多くローズの香りに似てるので、高価なローズの代わりにゼラニウムが使われることも多くあります。

 

 

 

2. 成分

 

リナロール、ゲラニオール、シトロネオールという成分があり、中でもシトロネオールは虫除け効果があり、天然の虫除けとして使われています。

根の部分はタンニンという成分がありストレス解消、リラックス、免疫力アップなどの効果が

期待されている成分です。

 

 

3. ゼラニウムの効果

 

抗菌性、抗真菌、抗炎症性 皮膚の皮脂バランスを整える効果があります。

またニキビにも効果があり、収れん作用もあります。

女性の、ホルモンバランスの変化による生理不順やPMS(生理前症候群)や更年期の症状などの緩和にも。

 

ゼラニウムのシトロネオールという成分は虫が嫌うため、天然の虫除けとしても使われています。

 天然の成分で虫除けが出来るので小さなお子さんにも安心してつかえます。

 

f:id:moistbeauty:20181011233955j:image

 

 

4. 肌への効果

 

シミ、シワ予防のも効果があるとされていていて、皮脂分泌のバランスを整える効果に優れているのでオイリー肌、混合肌、乾燥肌、などそれぞれの気になる肌状態を、バランスのとれた肌に整えてくれる美肌にはぜひ取り入れたい成分です。

また抗炎症効果もあるのでニキビにも効果があります。

 

 

 

5.ゼラニウム精油の使い方

 

入浴の際のバスタブに直接3~5滴入れて入浴するのもリラックス出来てリフレッシュになります。

 

就寝前にアロマディフューザーで芳香するのも良いでしょう。

アロマディフューザーがない場合はマグカップに熱湯を入れて、そのマグカップに2~3滴入れ方てベットのサイドテーブルなどに置いて香りを楽しむというのも良いです。

 

キャリアオイルのホホバオイルなど30㎖に3滴ほど加えてボディーオイルとしても良いですね。

とくにこれからの季節は乾燥が気になる季節になりますからおすすめです。

 

 

 

 

まとめ

 

ゼラニウムは香りで癒され、肌には美肌に導き、整えてくれます。

またホルモンのバランスにも優しく働きかけてくれます。

たくさんの効果があるゼラニウムは女性が幸せになれる要素が詰まった嬉しい植物ですね。

 

 

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。